ウールスラックスの簡単お手入れ。日々のお手入れが長持ちの秘訣

ウールスラックスの簡単お手入れ。日々のお手入れが長持ちの秘訣

こんにちは!

今日はなにかとブログで紹介しているウールスラックスのケア方法についてお話しします。

冬のイメージが強いウールですが、抗菌消臭作用があることから、夏の素材としても重宝されます。

最近は、auralee やmarkaware の人気によって、どのシーズンの商品ラインナップにも揃う人気素材になっています。

その分、ちゃんとケアしていかないと想定以上のダメージや虫食いなんかで悲しい目に、、、

なんてこともあり得ます。

ウールなどの天然繊維は、特に虫食いに会いやすいのもネガティブな特徴。

なんですが、スラックスやシャツなどに使うとそのハリコシによって、実はケアがしやすい素材だったよりもします。

本日は、主にウールスラックスに焦点をおきながら、ケアの方法を紹介していきます。

ウール専用ブラシでホコリを落とす

ホコリが残っていると、汚れが付着し、気づけばシミになっていたりすることも。

着用した後は、ウール専用ブラシで軽く払ってケアしてあげましょう。

私はショージワークスのウール専用ブラシを愛用しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

shoji works/洋服ブラシ ウール用(柄付ブラシ・柄付たわし)【あす楽対応】
価格:3960円(税込、送料別) (2020/10/11時点)

楽天で購入

豚毛と馬の尻尾の毛を合わせたブラシでは、かなりコスパの良い商品です。

当然、これから活躍するウールニットやジャケットなんかにもにも使えます。

ニットの場合、気になる定番としては毛玉があると思いますが、

これは「摩擦による繊維の絡まり」からできるものです。

着るたびにブラッシングすることで、繊維の絡まりを防ぎ、

そもそもの「毛玉を作らない」ことが

長く愛用する秘訣ですね。

スラックスパンツハンガーで吊るしておく

パンツを一日中履いていると、特に膝裏、お尻部分にシワが入ってきます。

シワが入ったままにすると

せっかくの綺麗なシルエットが台無しに。。

それを防ぐためには、着用した後はパンツハンガーで逆さに吊るしてあげましょう。

こうすることで、パンツそのものの重みでシワが伸びてきます。

シワは衣服の天敵。

放っておいて使い続けると、シワ部分から破れていくこともあります。

クリースの簡単ケア

スラックスを綺麗にみせる最重要項目といえば、やはりクリース。

センターにピシッと入ったクリースは気持ちがよく、脚のラインを綺麗に見せます。

でも、履いていくうちに段々と薄れていくのも常、、、

でも、アイロンも当て布したり、時間がかかってめんどくさい!

クリーニングに出すのも、風合いがなくなったりするかも知れなくて怖いし、、

なんて方にオススメなのが、

TOSIBA ハンディアイロン

こちらは通常のアイロンと同じく、熱によりシワを伸ばし、クリースを整えます。

使い方は簡単。

パンツのクリース部分を数秒挟むだけ。

アイロンがけには劣りますが、簡易な割には十分な効果!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東芝 TOSHIBA TA-H3 衣類スチーマー ホワイト[ハンディアイロン TAH3]
価格:3660円(税込、送料別) (2020/10/11時点)

楽天で購入

2日は休ませる

靴と同じく、ウールも生き物のようなもの。

着たら2日休ませることで、繊維の痛みを回復させます。

前述の通り、シワが残ったまま連日使用していると破れの原因にもなります。

いかがだったでしょうか。

お気に入りのお洋服はちゃんとケアすることで、長持ちします。

良いものでも、ちゃんとケアして長く愛用すればコスパもよくなってきますので、

試してみてください

ファッションカテゴリの最新記事