【商品レビュー】この時期に便利なcrepusculeニットベスト。やっぱりニット専門ブランドは安定の仕上がり

【商品レビュー】この時期に便利なcrepusculeニットベスト。やっぱりニット専門ブランドは安定の仕上がり

秋に差し掛かり、ファッションが楽しい季節になってきました。

ただ、最近の残暑はまだまだ暑すぎる、、、

なので、なんとなく単調になって

いつも同じような恰好になりがち。せっかくファッションの秋なのに!

ってなと気に簡単に足し算ができるのが

「ニットベスト」

です。

ウールもいいのですが、

個人的には季節的にも着回しが聞きやすく、

選択も可能なコットンベストが気になっています。

 

  

ということで購入しました。

コットンニットベスト。

購入するならやはりこのブランド!ってことで

紹介していきます。

【購入品】crepusculeクレプスキュール『milanribknitミラノリブニット』

crepusculeクレプスキュールとは?

〈crepuscule〉は、2012年の春夏シーズンにスタートした、日本のニットブランドです。

ニット制作の下請けとして新進ブランドに携わってきた、男女2人のデザイナーが手がけています。

ファッションが好きな方にはもう説明不要の「自然派でコスパ・クオリティのよいニット」としては、もう定番のブランドですね。

上質な素材と製法にこだわったニットは高品質で、玄人も唸る仕上がり。

デザインやシルエットは主張が極限まで省かれ、流行り廃りなくすんなりとなじみます。

上等な着心地と、毎年安心して着られるデザイン性。その二つが人気の秘密です。

そんなクレプスキュールの定番と言えば、

「鹿の子ニット」です。

が、アマノジャクの私はどうもカーブボール投げたくなるというか、、、

鹿の子は確かに良いのですが、ベストだと少しカジュアルに寄りすぎてしまう。。

品よく大人っぽく着こなしたい!

ということで、今回はmilanribknit(ミラノリブニット)を選択しました。

『milanribknitミラノリブニット』紹介

今回ベージュのサイズ1を選択。

某有名ブランドのスウェットをモチーフにしたシルエットは、

リラックス感がありながらもオーセンティック

縫製もとても丁寧で、リブの編み込みなんかも芸術の域です。

 

ミラノリブって?

ミラノリブは、その名の通りイタリアのミラノで生まれました。
”リブ”と付くことから、縦ラインの入った編み地を想像しがちですが、

ミラノリブは横段の畝が特徴の比較的フラットな編み地のため、

キレイめで上品な雰囲気が味わえます。

使う素材によって、伸縮性の高い機能的な編み地から、まるで布帛のようなしっかりとした編み地まで作れるのが特徴。

クレプスキュールの場合は、しっかりとしたハリのある技法で作られています。 

クレプスキュール ミラノリブニット

寄ってみてもめちゃくちゃ綺麗。。。

繊細な色味と光沢があるミラノリブニットなんですが、

結構ガシッとしていて、型崩れしにくそうな質感。

ニット、なんですがスウェットのような面持ちで、

ニットとスウェットのいいとこ取りをしたようなベストです。

デニムからスラックスまで幅広いスタイルに違和感なく馴染んでくれます。

どんなコーディネートにもなじむ汎用性

クレプスキュールと言えば、ベージュ!というくらい

綺麗でなんにでもなじむアイテムです。

この時期はやはりシャツと合わせたい。。

ポケットがついているので、定番の鹿の子よりもウエスト周りが少しボリュームがあります。

横からのシルエット

ここは好みが分かれるところですね。

携帯とかいれてもシルエット崩れるだけなので、

個人的にはいらないかな~、と思う部分。

チェックシャツや

プルオーバーニットなんかもあり。

あと、個人的にベストが便利だなーと思うシーンは、

アウターを羽織った時ですね。

チェスターコート×ベスト×シャツ×デニム

秋冬にかけてアウターを羽織っていくようになりますが、

ニットだと脇部分がもたついたり、きつかったり、熱がこもったりします。

最近はオーバーシルエットが主流なので、比較的楽なのですが、

それでもジャケットとか羽織ると結構きつかったり。。

個人的には、脇に汗かくのが嫌なので熱がこもりにくいベストは

とてもうれしいアイテムなんですよね。

値段はお手頃。どこで買える?

クレプスキュールはかなり取り扱いは多いので、

検索すればどこかにヒットします。

が、コスパもいい人気商品なので、あまりセールにはかかりません。

なので、なるべく安く手に入れたい場合は、

やはりフリマアプリで探していくといいと思います。

新品定価:16,000円程度

に対して、、

二次流通での相場は、、、

10,000円~7,000円くらいですね

鹿の子の場合は、定番である分流通量も多いので、

6,000円代もちらほら見ますが、

ミラノリブ仕様は数も少なく、少し高めです。

はい、今回はさらーと紹介しました。

ファッションカテゴリの最新記事