この夏はこれで決まり?UNIQLO U ユニクロユー/エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ

この夏はこれで決まり?UNIQLO U  ユニクロユー/エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ

こんにちは!

本ブログを見ていただいてありがとうございます!

さて、本日は今更ながら、

既にファッションブロガー、インフルエンサー、ユーチューバーのかたがたなど、絶賛しまくっている

UNIQLO U /ユニクロユー エアリズム コットン オーバイズ Tシャツ

を紹介します

なぜ今更?

というタイミングですが、ちゃんと理由はあります!

聞いてください笑

理由は三つ

・ローカルだと意外に良さが浸透してない。知らない人が多い

・コスパ、クオリティ、涼しさが半端ないので、今のタイミングが検討するにはジャストタイミング

・サイズかけや売り切れが多かったはずですが、数週間前からオンラインで完備されている

不思議なことに、店舗では2週間ほど前から急に完売し、

代わりにオンラインで完備されています。

おそらくこれは、戦略的にコロナの影響で、店舗での販売が望めなくなったため、

回収してオンラインでの販売を強化したと見ています。

これについては何の裏付けもないのですが笑

ということで、

控えめに行って、これまでの夏物の中でも最高にコスパの良い、買いの商品ですので、紹介させていただきます。

夏間近のこの時期に、自分用や

母の日、父の日のプレゼントなんかにもので、

あえて今ご紹介しようという寸法です

まずは、UNIQLO Uについて、語らないと気が済まないので、

商品レビューはよせいやって方は、

目次から飛んでくださいね笑

意外に知らない? UNIQLO U / ユニクロユー は ホントにすごかった

UNIQLO U とは?

そもそもUNIQLO Uとは、圧倒的なコスパと商品展開で世界ブランドとなった、日本が誇るファストファッションアパレルメーカー「ユニクロ」と、世界的なデザイナーである「クリストフ・ルメール」のコラボライン。

クリストフ・ルメールは、セレブ御用達のブランド「ルメール」を現在も展開。現在もコアなファンが多いデザイナーブランドです。

ファッションブロガーのMB氏も、

「ルメールが世界で五指に入るデザイナーであることは、疑いようのない事実」と断言しています。

そんな世界屈指のデザイナーとのコラボ商品は

大衆向けファストファッション からUNIQLOのブランドイメージを底上げした大事件

2016年春 歴史的な取り組みが発表されます

クリストフ・ルメールがユニクロ(UNIQLO)のパリR&Dセンターのアーティスティック・ディレクターに就任し、パリ発となる新ライン「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」を手がけることが決定。2016年9月30日(金)より順次展開を予定している。

https://www.fashion-press.net/news/24046

実際にコレクションが展開されたのは、2015年10月でユニクロと2016年3月にラストコレクションを発表したばかりの時であった

今回の就任に関して「ユニクロ アンド ルメール コレクションの仕事を通じ、ユニクロの商品作りへのこだわり、品質の高さ、チームワークに感心し、いつも良い刺激をもらってきました。このチームの一員として世界中の人々の日常着というスケールの大きなユニクロのLifeWearのデザインに携わることに、デザイナーとして大きな挑戦と喜びを感じています。」とコメントしている。

https://www.fashion-press.net/news/24046

ユニクロユーは、四年前から展開していますが、

実は当時はそこまで私も注目しておらず、

首都圏のアパレル関係の人や、特別ファッション感度の高い人が注目していた印象です。

だってそうですよね。

「クリストフ・ルメール」とコラボ!と言っても

ルメールのすごさを知らないと、

はあ、そうなんですか

ってなりますし、

そもそもUNIQLO自体が、品質はそこそこいい、コスパのいいファストファッション、というブランディングをしてきましたから

コアユーザーに響くわけがないんです。

ですが、今はどうでしょうか

UNIQLOの影響で、

世の中にものすごーくダサい人って少なくなったと思いませんか?

おしゃれにそんなに興味がなくても、

UNIQLOで、ルックを見て、上下揃えてしまえば

もうそれなりに見えるようになったんです。

さらに、UNIQLO Uを取り入れることで、

一つ上のファッションも楽しむことができるようになりました。

ルメールとのコラボ 「UNIQLO U」は

大衆向けのファストファッションブランド というUNIQLOのイメージから

誰でもお手軽におしゃれができる 高品質、デザイン、コスパ最強のブランドへと押し上げたと考えてます

商品レビュー/UNIQLO U エアリズムコットン オーバーサイズTシャツ

さて、UNIQLO Uについてつらつらと書いてしまいましたが、

本題に入ります

今回ご紹介する エアリズムコットンオーバーサイズTシャツですが、

その名の通り、UNIQLOの大ヒット商品 エアリズムの素材を使った

夏に最適な商品です。

エアリズムとは?

※「エアリズム」とは、ユニクロが東レと共同開発した生地で、「速乾」「接触冷感」「ストレッチ」「抗菌防臭」「消臭」など、夏に欠かせない機能を備えたヒット商品です。

ただ、エアリズムって涼しいけど、テロっとしていてインナーとして活用するイメージ。

あまりにテロっとした服だと、スポーツとか、子どもがよく着る運動服、みたいな見た目になり、オシャレとはちょっと程遠いことになってしまいます。

こんなやつですね
控えめに言って うちの子めっちゃかわいいーーーーー

すいません、取り乱しました。本題に戻ります

ありそうでなかった 驚きの一挙両得

この商品の凄いところは、

表地にコットン、裏地(肌にあたる部分)がポリエステルとなっており、

見た目は、微光沢があり品を感じる仕様なんですが、

着心地はエアリズム特有の涼しさを持っています。

折り返したイメージ
手前側がエアリズム 奥側がコットン

こうすることで、真夏もさらっと快適に着用できつつ、

見た目も良し、という一挙両得を実現したわけですね

恐れ入りました。

驚きのコスパ

さて、これだけ驚きの商品だから、

そうは言っても割高なんでしょ?って思いますが、

なんと

1,500円!!!

どう考えても安すぎます。

また、コスパの考え方として、

耐久性や着用回数が重要になってきます。

要は、安くても着れなくなれば意味がないので、

単価が高くても、よく着る且つ耐久性があれば、コスパは安いという考えとなります。

おしゃれさんから、よく紹介されるAURALEEオーラリーのスタンドアップTシャツや、シームレスTシャツなどは、単価は1万円超えで高いのですが、

とにかく耐久性がよく、着心地やデザインも良いので

結局ほとんど年中着てましたね笑なんて情報もあります。

試算してみると、良いものを長く使った方が結局は安くなったりするんですよねー

AURALEEのTシャツと比べてみた

UNIQLO U エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ 白バックでiPhoneSEで撮った置画
高級感が感じられる 1500円

AURALEEのコットンシームレスTシャツ
ストレスフリーな仕掛けと、上質な素材で間違いなく一級品な1万円超え。個人的にもめっちゃ欲しい

画像上は、そんなに違いが分かりませんよね。

むしろちょっと似たようなイメージです。

もちろん、AURALEEの場合は、

実物を見る、着るとその着心地の良さ、シルエットに服好きはニヤリとしてしまうほど、最高品質のブランドなのですが、

なかなか1万円代の半袖Tは手が出しづらいですよね。。

どちらが正解とかはないですが、

この品質で、多色買いできる値段で買える、

というコストパフォーマンスは本当に素晴らしいと思います。

ちなみに、購入してから28回程度洗っていますが、

ちゃんと首元のリブを整えて干していれば、

全くと言っていいほどヨレが見当たりません。

これも品質の良さを証明する要素の一つですね。

トレンドのオーバーサイズ

私は、自分用にブラウンXLを購入し、

その後 、母から嫁にプレゼントでパープルのMが手に入りました。

嫁に許していただければ、シェアする予定です笑

さて、実際に着画を見てみましょう

174cm58kg XL着用
トレンドライクに着るならオススメ
ジャストサイズでも、流行りのオーバーサイズシルエットは形成できます

五分丈に設定されており、肩も落ちたオーバーサイズ。素材に加えて、肌の当たる面積も少なくなり、さらに快適さを増しています

オーバーサイズは、ストリートっぽかったり、ちょっとやんちゃな感じがして苦手、、

レディースはないので、メンズから選んで
シェアも楽しめる商品

ブラウンは、ベージュや白のパンツなんかとも相性抜群で、実は夏でもほどよくコーディネートを締めることができる、使いやすい色味だったりします。

涼しさを生かして、ジャケットのインナーに使うなどすれば
オールシーズンの強い味方に

いかがだったでしょうか?

UNIQLO UおよびエアリズムコットンオーバーサイズTシャについて、ご紹介しました。

ほんとにおすすめです。

いつサイズかけや完売が起こっても不思議ではないので、

皆さま、ぜひ急ぎオンラインショップを覗いてみてください!

ご静聴ありがとうございました!

商品レビューカテゴリの最新記事